カタリストロゴ

セカンドキャリア採用サイト

先輩の経歴書

働き方もキャリアプランもあなた次第です。

カタリストで働くメンバーに、入社前のこと、入社のきっかけ、今の働き方、そしてこれからのことを聞きました。

吃音がある人生で可能な限りしたいことをする。
カラフル大阪で、前職の経験を活かした仕事をしながら、吃音セルフヘルプグループの仕事もこなしています。仕事もライフワークも毎日を全力で駆け抜けたいと思っています。

これまでの経歴

2004年4月
自動車関連の総合商社に新卒で入社
2005年9月
人の名前が言えないなど、吃音に苦しみ、逃げるように退職
2005年11月
うまく話せなくても専門的知識を持った職業ならできると考え、会計事務所へ転職
2016年10月
吃音がある人生で可能な限りしたいことをするために、会計事務所を退職
2017年1月
多様なスタッフ、多様な仕事を実践できるカタリストに惹かれて入社。現在に至る

ある1 日のスケジュール

AM5:00
起床
AM7:00
スターバックスでスケジュールチェック
AM8:45
カラフル大阪 出勤
PM5:00
カラフル大阪 退勤
PM6:00
夕食買い物、帰宅 夕食準備
PM7:00
妻と楽しい夕食
PM8:00
吃音セルフヘルプグループの仕事
PM11:00
就寝

カラフル大阪での仕事内容

就労移行支援では前職の経験を活かした企業会計講座を担当しています。就労継続支援B型では利用者の仕事を獲得するとともに、その作業の段取りを組み立てています。この仕事のやりがいは、「障害のある方が、沢山の経験を積み、お金を稼ぎ、仕事・就労を通して人と関わり、障害のある人生が充実する」ことに貢献できることです。その他の仕事内容では、毎週のスタッフ勉強会を企画していますが、スタッフが知識を高めるほど支援の幅も広がると思っています。また、スタッフが成長することで仕事の楽しさも増えることでしょう。これからも仕事を楽しんでいきます。

本人からのコメント

カラフル大阪設立をきっかけに、2017年7月に名古屋から大阪に来ました。その二か月後の9月に結婚し、職場も家庭も新しい生活を楽しんでいます。この大阪の地で、カラフル大阪で、腰を据えて仕事に取り組み続けていきます。私は吃音(きつおん)のある当事者であり、ライフワークとして吃音者のセルフヘルプグループの活動をしています。平日夜と週末のほとんどはライフワークに費やしている生活を送っていますが、人生は一度きりなので決して後悔しないよう、仕事もライフワークも毎日を全力で駆け抜けたいと思っています。

これからのこと

精神保健福祉士の国家資格を獲得予定です。精神障害の理解を深め、精神保健福祉の専門家として適切な支援ができるようになりたいと思います。私自身の経験から、当事者によるピアサポートに関心を持っているので、その方法を利用した当事者イベントや当事者ネットワークを活用し、障害のある方が少しでも「就労」に近づけるような支援をしたいと考えています。